暑くなり、虫刺されで受診される方が増えてきました。
虫刺され(虫刺症)は、蚊、ブヨ、ダニ、ハチ等の昆虫が吸血、刺咬、接触することで皮膚に侵入する唾液成分や毒成分によって生じる刺激性、アレルギー性の炎症反応のことをいいます。
虫に刺された直後~翌日に、その部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、しこりになります。
治療ですが、強めのステロイド軟膏を短期間外用します。また腫れや痒みが強い時には、抗アレルギー薬の飲み薬を飲みます。
掻きすぎると“とびひ(細菌感染症)”になる事もありますので注意が必要です。気軽にご相談ください。