当院では保険診療で禁煙治療が受けられます。
禁煙したいのに止める事の出来ない方、どうぞご相談下さい。

ニコチン依存症と診断され、条件を満たす方は保険が適応されます。

<保険診療の対象となる方(以下を全て満たす必要があります)>
 ・すぐに禁煙したいと考えている。
 ・問診時に行うスクリーニングテストが5点以上で、ニコチン依存症と診断されている。
 ・1日の喫煙本数x喫煙年数の値が200以上である。
 ・禁煙治療を行なう事に、文書で宣言・同意している。
 ・禁煙治療スケジュールにそって、医師が指示した日(初回から2,4,8,12週間後)に受診できる。
 ・前回の治療の初診診療日から、1年以上経過している事。

◆ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)◆
「はい」を1 点、「いいえ」を0 点とし、合計得点を計算します。
質問に該当しない場合は、0 点と計算します。
TDS スコア(0~10 点)が5 点以上をニコチン依存症と診断します。

設問内容 はい
(1点)
いいえ
(0点)
問1.

自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2.

禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3.

禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4.

禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃 のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5.

問4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6.

重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7.

タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8.

タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9.

自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10.

タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合計

(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

(禁煙治療のための標準手順書 第5版より)

診察をご希望の方は、事前にご相談ください。